バイクシートの良し悪し

バイクシートへのこだわり

バイクはツーリングなどで長時間乗ることもあり、同じ姿勢を保ち続けることになります。
そのためバイクに乗っているときの乗り心地はとても大事です。
乗り心地が悪いバイクはどうしても体に負担が掛かり、いつも以上に疲れやすくなってしまいます。
自分でバイクを選ぶときには最も重要視すべきポイントの一つと考えた方がいいでしょう。

バイクのシートで使用している素材といつも自分がツーリングの時に着用する服装との相性なども影響があります。
ツーリングでは長時間同じ姿勢でいるため、お尻への負担はとても大きいです。
お尻が痛い、またがった時に足の位置がずれやすい、太ももなど内側がシートで擦れるといった問題がないのか確認しましょう。

購入する前であればかならずまたがって感触を確かめるようにしましょう。
使っているうちに変形をしてしまった場合は、シート部分だけを張り替えるなど対策を取る必要があります。
人によって体型や好みなども違うので、自分に合ったものを探してみましょう。

カスタマイズは注意

バイクが好きな人は新車を購入する際に、自分好みにカスタマイズする人もいます。
純正で購入し場合は、そのバイクの形に合った物を使用し、標準装備として販売されています。

しかし実際に乗る人によって好みや体格の違いもあるため、一概に標準が絶対いいと言い切れません。
そのため最終的には購入する人がどのようなものが好みで、どんなものにしたいのかを決めることになります。
そこで一番こだわる場所といえばシートになります。

ある程度の場所であれば購入してからでも、自分用にカスタマイズすることができます。
しかしカスタマイズでよく耳にするアンコ抜きという方法を選ぶ場合は注意が必要です。

アンコ抜きとは、バイクの高めのシートのクッション部分を抜いた状態のことを指します。
高さは確かに低くすることができますが、どうしてもくぼんでしまうため座り心地が悪くなってしまいます。
さらにシートの角の部分が立ってしまうため、足が真下に降ろしにくくなってしまいます。
カスタマイズするときには十分気を付けてから行いましょう。

ハイシートかローシート

バイクのシートの中には最近では自分でハイシートにするのかローシートにするのか選択することができるものもあります。

基本的に足が地面にしっかり着きやすいといわれているのがローシートです。
これに対してハイシートの場合は重心が前にかかるように作られているものが多く、前傾姿勢になりやすいのが特徴です。

そのためバイクとの雰囲気やハンドリングのしやすさ、ドライビング中の目線の違いなどを考えるとハイシートの方がいいという人もいます。
実際にまたいでから決めた方がいいでしょう。

コメントは停止中です。