ヒザを擦ることが安定につながる

ヒザをすることへの行為

バイクで自由に走りたいという希望がある人にとって、レーサーの様なはしりはあこがれではないでしょうか。
レーザーは独自スピードやコーナーリング、運転技術などが問われます。
一般車両では、車や歩行者などに注意をしながら走行する必要がありますが、そう言ったことを意識することなくレース会場でバイクの走りを楽しむことが出来るのは最大のメリットです。

レーサーの走行でよく見かける光景の一つに、ひざを擦った走行があげられます。
カーブをする際にひざを擦りながらカーブをしている姿は、一度やってみたいという気持ちもあります。

しかし体験をしたことがないため、危ないのではないか、かっこいいという単なる憧れの様なものもあります。
そこでバイクを走行しているときに、ひざをするという行為はどの様な意味があって行われているのでしょうか。
バイクに乗りなれている人ほど、一度はやってみようという経験ではないでしょうか。

実際にひざすりをやってみたときの感想

バイクに乗ったことがある人のなかで 一定の経験がある人に実際サーキット場でひざすりを経験してもらうと、実際にやったことがある人でなければわからない情報がたくさんあります。

やる前にはひざすりに対してケガや転倒などの恐怖心が先に浮かんでしまい、うまくできるのだろうかと躊躇してしまうでしょう。

実際に大型のバイクで行うのは危険性があるため、100ccの原付バイクで始めてみました。
そこで10人の人が挑戦したところ1時間ぐらいで8人の人がひざすりに成功しましょう。

実際にやってみてわかったこととして、ひざすりをすると安定感が得られるということです。
ひざをすることでバイクの車体がぶれることなく安定して走行することができます。
走り方も劇的に変えることができたという意見も多いです。

やることに対するメリット

実際に公道ではアスファルトの状態が様々なので行うことができません。
そのため普段のバイクの走行では使うことができません。

ただし普段の走行でも、カーブを曲がるときにどのぐらい車体を傾けたらいいのかとい横行う不安もあるでしょう。
ひざすりをする場合は腰を内側に落として、腰に重心をおいてコーナーを曲がります。
そのため自分の体のバランスさえとることができれば、さらに安定した走行を行うことができます。

腰が安定をすることで、スライディング走行をすることができ、フォームがかっこいいバイク走行を行うことができます。
フォームを取るときのダイナミックな動きはライダーにとって今までには感じたことがない安定感とかっこいいと感じることができます。
ただあくまでも公道では行うことができないため、サーキット場で楽しむフォームとして習得しましょう。

コメントは停止中です。