雨対策のアイテムとテクニック

雨の日対策グッズ

ツーリング日和が続いている中で、今日はもしかしたら天気が怪しいかもしれないというときもあるでしょう。

クルマや電車などと違いツーリングの場合は、雨や風など天気に関することは直接影響を受けてしまいます。
そのため天気対策は常に心配らなければいけません。
どれだけ気温が高く暑い時でも長袖を着用するなどツーリングの基本を守りながら楽しむことがおすすめです。

そこで特に注意をしなくてはいけないことは雨の日対策です。
台風や豪雨など事前に天気予報で雨が強いとわかっているときなどは、ツーリングの計画を止めるようにしましょう。
しかし、天気予報があいまいな時は、荷物がたとえ増えたとしても雨の日対策グッツを持っていく必要があります。

まず大事なものはレインスーツです。
雨の影響を直接受けないように配慮しましょう。

その時に同時にブーツカバーも用意しましょう。
足元も濡れてつま先が冷たくなって固まらないようにしなければいけません。
使い捨て物ものあるためいらなくなったらその場で捨てていくと荷物も少なくなります。

ツーリングの場合はどうしても荷物に限りが出てしまうため、最低限必要な物はしっかり押さえておきましょう。

雨が降り出したら

まず少しでも小雨を感じたらすぐに雨がしのげるような屋根付きの場所を探しましょう。
バイクが濡れないようにしっかり雨から守れる場所に避難させて、レインスーツを着用しましょう。

雨でぬれてしまってからレインスーツを着るのでは手遅れになってしまうため、なるべく濡れないようにしてからやみそうな雨ならスピードを落として走りましょう。
なるべく雨の時の走行は滑ってしまう危険性が高まるため避けた方がいいでしょう。

雨降りで待機中

急な豪雨や雨が強まってきたと感じたら必ず雨がしのげるところで休憩しましょう。
バイクが濡れないように屋根のある所に置き、なるべく体を冷やさないように注意して待機しましょう。
もし気温が冷たい時期であれば、暖かいものを食べるもしくは温泉施設やネットカフェなど体が温められる場所を探しましょう。

雨が強いときなどは仮眠をして、体力の回復などをしておくと安心です。
雨の日になると体の不調を訴える人も多いです。
そのため無理をせずなるべく体を休める時間としてゆっくりと過ごしましょう。

待っているときには天気予報などで今後の情報を確認していきましょう。
場合によっては、本来予定をしていた場所まで時間通りにたどり着かない可能性もあります。
無理をしてその場所に行こうとすると必ず無理な運転をしなくてはいけなくなります。
そう言った状態にならないように計画の変更やルートの変更など待機しているうちにできることを行ってみましょう。

コメントは停止中です。