ライディングテクを学ぼう

farm-track-351475_1280

基礎的なライディングテクニック

バイクに乗るためには基本的なライディングテクニックがとても重要になってきます。
ただなんとなくでも運転できないことはないですが、万が一事故が起きてしまった際に直接ダメージを受けることになるのがバイクなので、できるだけ基礎的なライディングテクニックからしっかり学んでおいてバイクのことを知っておけば、万が一何かあったときでも機転を利かせた運転が可能になるでしょう。

■バイクが曲がる仕組みを覚える
バイクは普通まっすぐ走るものですが、車体を傾けるとそちら側に曲がっていくという特性を持っています。
そのためバイクに乗って曲がろうとしているときは、自然と曲がりたい方向に体重をかけている事になるのです。
ちなみに体重をかけないと重心の関係で行きたい方向に曲がってくれない可能性もあるので、バイクで曲がるためには体重の傾け方がとても大切なのです。
なのでもし思った方向に曲がってくれないとか、うまく曲がれないとかの自体に面したときは、自分の身体の傾け方に注目してみるともっと上手に曲がれるようになれるはずです。

■急なカーブの曲がり方
緩やかなカーブであれば普通に身体を傾けて曲がればいいですが、山道のような急なカーブに差し掛かった場合、どのようにすればキレイに曲がることが出来るのでしょうか?
よく車などでもサーキットで急なコーナーを曲がるときはアウトから入るのですが、バイクも同じでアウトからカーブにさしかかります。
その前にしっかりと原則をしてアウトに入っていきます。
車だと今度はインに入るのが普通ですが、バイクは内側によってしまった時にまた外側に戻るというのが大変なものです。
なのでカーブを安全に曲がりきれるという状態になるまではアウトの状態をキープし続けます。
そしてそのままカーブを抜けられると確認できたらインに入ってそのまま普通に走ります。
これで対向車線との距離が近くてヒヤヒヤしたり、曲がりきれなくて危ない目に遭ったりすることも減らすことが可能なはずです。

バイクは曲がる時が一番転倒しやすく危ない車両です。
曲がる仕組みと正しいカーブの曲がり方を覚えて、安全に運転ができるようにテクニックを磨きましょう。

コメントは停止中です。