ツーリングに出かけよう

予定の立て方

せっかくバイクに乗っているのですから、ツーリングに出かけたいと思う人もたくさんいるのではないでしょうか?
バイクで様々なところに出かけるのは開放感もありますし、またツーリング仲間との交流にもなって、より趣味への世界が広がることでしょう。
しかし、初めてツーリングをするときに失敗してしまいがちな予定の立て方があります。

■休憩をあまり挟まない行程
ツーリングでは長距離移動になるため、こまめな休憩が必要になります。
しかし初心者の場合、必要最低限の休憩のみの予定で、予定を立て慣れている人のものに比べて少なくなってしまいがちです。
バイクは自動車などと違って移動中に飲み物を飲んだりすることができないため、飲み物を飲んだりするだけの休憩というのも適度に必要になります。
しかし初心者はそのことにまで考えが至らず、本当に休憩らしい休憩だけを挟んで、あとは休憩なしで走るような予定を立ててしまうのです。
また団体行動の場合、自分の速度と人の速度、また疲れるペースも違いますから、取り過ぎかな?と思うくらい休憩を挟むように計画しておいた方が良いでしょう。

■駐輪場があるか事前に確認していない
基本的には行きたいところと時間的な問題との兼ね合いで訪れるお店や施設を決めると思います。
もちろんその決め方で問題はないのですが、ツーリング初心者の場合、そのお店や施設に駐輪場があるかどうかというところまで気にしていないパターンが多いのです。
駐輪場があって広いところなら良いですが、駐輪場があっても狭くて参加者全員が停められない状況や、そもそもお店には専用の駐輪場がないというケースも稀ではありません。
そのため停められない状態の場合は近くに駐輪場があるかさがすものなのですが、初心者はそこにも思考が至らず、どのお店にも十分な駐輪スペースがあると思ってしまうのです。
バイクを停めることができないというのは行動が制限されてしまうということですし、結局バイクを停めるところが探せなければそのお店や施設を諦めなければいけません。
せっかく来たのにもったいない思いをしないためにも、ちゃんと駐輪場の有無を事前に確認しておくようにしましょう。

コメントは停止中です。