バイクのデメリット

biker-407123_122280

事故の危険性

バイクを趣味にする場合、メリットだけでなくデメリットも知っておいたほうが良いでしょう。
バイクの最大のデメリットといえるのは、事故の確率が高いことです。
自動車に比較して、バイクは数割事故にあう確率が高くなります。
これは視認性の問題ともいえます。
自動車と比較するとバイクはサイズが小さいため、自動車から認識されない場合があるのです。
視認性の問題は、ライダーなら必ず念頭において運転するべきです。

事故時の危険性もバイクのデメリットです。
自動車と違い、バイクの場合は事故にあうとライディングスーツとヘルメット以外、保護するものがありません。
ちょっとした接触事故でも、重傷を負ってしまう危険性があることは、バイクのデメリットといえるでしょう。

天候に左右される

天候に弱いこともデメリットです。
強風の場合、バイクの挙動は極端に不安定になります。
雨の場合、視野が狭くなることもあります。
寒冷時は乗りにくいこともデメリットです。
風をまともに受けるのがバイクのメリットでもありますが、寒冷時はその風が容赦なく体温を奪っていくのです。
冬場はバイクを乗らないライダーも少なくないでしょう。

整備は重要

整備の面倒さもバイクのデメリットです。
整備をしないと、バイクは危険な乗り物になってしまいます。
しかし毎週整備のための時間を取れる方は少ないはずです。
整備が面倒で、結局バイクがガレージで眠っている方もいらっしゃると思います。

しかし最近では、面倒な整備をせずにバイクを楽しむ方法もあるようです。
その方法はレンタルバイクを活用することです。

紹介:整備の行き届いたレンタルバイク

レンタルバイクは、レンタカーと同様のシステムと考えてください。
レンタルバイクであれば、ツーリングに出かけたい時だけ、バイクをレンタルすれば良いのです。
実際、気候の良い春と秋だけしかツーリングに出かけないライダーもいらっしゃるでしょう。
そうした方はバイクを購入するよりも、レンタルバイクの方がトータルで考えるとお得になるはずです。

レンタルバイクはプロが整備したバイクです。
面倒な整備は不要です。
プロの整備ですから安心感も違ってきます。
業界大手のこのレンタルバイクショップなら、メンテナンスバッチリのレンタルバイクを各種取り揃えています。

コメントは停止中です。