バイクを安く購入する術

バイクの状態

バイクを安く購入するなら、やはり中古車がオススメです。
新品より中古車の方が安いですし、初心者であれば中古車で練習してから本命の新車を購入するという手順を踏んでも良いでしょう。
しかし、ただ安いだけの中古車を購入してしまうと後からあちこち不具合が見つかったりすぐにガタが来てしまったりすることも大いにありえるので、事前にしっかりバイクの状態をチェックした上で中古車を購入するようにしましょう。

■中古車を購入する時にチェックする項目
・走行距離
走行距離は、中古車をチェックする上で非常に重要な項目です。
この距離が長ければ長いほど、バイクが走った距離が長いということなのでそれだけ使用されてきたバイクということが出来ます。
そのためこの距離が長いと安いものが多いのですが、ただただ安いだけで今後すぐにガタが来てしまうような状態ですと意味がなくなってしまいます。
そのため適度な走行距離のものを選ぶのが賢明です。
もちろん走行距離は短い方がよいのですが、短いと値段が高くなってしまうものも多いため、妥協できる点を見つけてチェックしていくようにしましょう。

・エンジンやタイヤ
エンジンやタイヤは、バイクが走るのに非常に重要になってくる部分です。
そのためこの部分に何か不具合があったりヘタっていたりしてしまうと、すぐに整備や修理が必要になってしまいます。
そうならないためにも、エンジンはちゃんとしているか、タイヤも溝など問題ないかを購入前にしっかり確認するようにしましょう。
また走っていた環境によってはタイヤ周りにサビがあるケースもあります。
車体が錆びてしまうとそこからどんどんサビが広がっていってしまうので、サビのないものをチョイスするようにしましょう。

エンジン周りとタイヤ周りがしっかりしていれば、他が少し古いように見えてもしっかり走ってくれることが多いです。
逆にいくらキレイな状態になっていたとしても、見掛け倒しなだけでエンジンやタイヤ周りがだめであればせっかくお金を出して購入する意味がなくなってしまいます。

見かけのキレイさだけに惑わされずに、自分の目で細部までしっかりチェックすることで、中古車を購入してすぐに壊れて失敗してしまったという経験をせずに済むでしょう。

コメントは停止中です。