エコなバイク

エコ性能を重視

recycle-29227_1280 現在車だけではなく、バイクにおいても環境への対応、エコ性能を重視する傾向が強まっています。
実際エコなバイクとして注目を集めている車種も多くなりつつあり、なかでもハイブリッドオートバイや電動スクーターなども人気が集まりつつあります。
そんな中低燃費なエコバイクで、かつ費用も安く入手できるバイクとして人気が高いのがタイバイク(タイホンダの提供するバイク)です。

エコ性能としてはリッター55kmを超える実績を持つバイクも有り、その低燃費性能は、自動車で同様に低燃費を謳うフィットの2~4倍もの燃費性能を発揮しています。
タイバイクの平均燃費性能は47km/l程度と言われており、エコカークラスでも18km/lであるため、いかに燃費性能が高いかがわかります。
ミニバンの場合さらにその性能に差があることがわかり、実際ガソリン代金などを比較した際、年間約15万円も節約することが可能になるものと考えられています。
そのため街乗りなどに利用する際は自動車よりも、実はタイバイクを利用したほうがずっと経済的で、そしてエコに貢献しているものと言えるのです。
特にWAVE125やCBR150Rなどが低燃費性能を発揮するタイバイクとして有名です。

環境を考えながら

一方で最近では市場に多く参入してきているエコフレンドリーバイクにも注目してみましょう。
最近では排ガスゼロを実現するモデルも発売されているなど、これまでのバイクの常識をくつがえすモデルも存在しているので、環境を考えながら、同時にバイクの楽しさを体感できるものについて学んでいくことが大切です。

排ガスゼロを実現したモデルとしてはミッションモーターによって開発されたミッションワンが挙げられます。
このバイクは高エネルギーリチウム鉄電池を使用した電気バイクで、一度の充電で150マイル、およそ241kmを走行することが可能となっています。
マフラーも取り除かれているため静かで、そしてまったく排気ガスの出ないバイクとして注目されています。
また世界初のハイブリッドオートバイとして注目されたのがピアッジオMP3125ハイブリッドです。
125ccのエンジンと充電式電池モーターを搭載したモデルで、街乗りに最適なバイクの1つにあげられるエコバイクとなります。

バイクそのものは燃費も良いのですが、排ガスの面からエコに対しネガティブな部分も持ち合わせていることも多いのも注意しなければならないポイントになります。
しかしエコ機能の市場への積極導入も進み、また経済的かつエコ性能を実現するバイクも広く普及しているため、改めてエコバイクについていろいろ調べてみるのもよいでしょう。

コメントは停止中です。