ホンダ

honda-385058_1920ホンダと言えば、バイクだけでなく、4輪車でも頑張っている自動車メーカーです。
風を感じる疾走感が多くのバイクファンを虜にしています。

日本には実際に他にもバイクメーカーはあり潮流を牽引し続けていますが、もちろんホンダというメーカーもその中のひとつです。
ホンダと言えば、本田宗一郎という名前をも切り離すことが出来ません。
本田宗一郎氏が、1946年に静岡県浜松市で、本田技術研究所をはじめたことからホンダの歴史がスタートします。

日本製のバイクが誕生

そして研究所設立から、やがて内燃機関の研究へと、更に日本製のバイクがここに誕生することになります。
ホンダのバイクにはその時代時代の流れに従い、多くの名車と呼ばれる種類が誕生しました。
現在でもホンダにおける技術者の様々な試行錯誤が繰り返され、安心して運転を楽しむことが出来るバイクが開発され続けています。

ホンダの開発現場はどのような感じか

車やASIMOと言ったものも開発しているのがホンダであり、ホンダという会社はそれだけ創造性に満ち満ちていることが言えます。
それが長い歴史の中で培われたホンダスピリットであり、本田のエンジニアはちょっとのつらいことで妥協などすることはありません。

設計者と開発者が衝突なんて本当に日常茶飯事のことです。
意見の衝突こそがより安全性の高いバイクが作られるコツです。

実際にはまだ事故ゼロの社会が作られたという訳ではありません。
ホンダの技術者は、交通事故ゼロ社会をも目指し、それをノルマとして頑張っています。

ホンダのバイクの魅力は?

ホンダのバイクの魅力は一体どこにあるのでしょうか。
バイクだけを作っている会社ならホンダでなくても別にあります。
しかし、ホンダは車やロボットも同時に開発していることに先進性を感じると言う人たちが多くいます。

バイクだけに留まる視点ではなかなか見えないことが柔軟性ある目によって見つめることが出来ます。
そしてホンダ独特のデザインが誕生し、自分がより納得出来るものにしたいためのカスタマイズ欲にもそそられて行きます。

ホンダのエンジニア曰わく、ホンダにはいつも何かをしてくれるという期待感に溢れていると言うことです。
四輪の技術もしっかり備わっているゆえ、ホンダにしか出来ないことがあるのではないでしょうか。

バイクが売れるということは、二次的な問題であり後から結果としてついてくることです。
まず、ホンダのモチベーションは、結果を恐れない挑戦する精神なのではないでしょうか。

ホンダは現在でも、バイクだけでなく車ややロボットまで積極的に開発に取り組んでいます。
多方面をいろいろ現在でも見つめここに自由な発想が生まれて来ます。
ここから先進的な製品が誕生し続けています。

コメントは停止中です。