カワサキ

カワサキのバイクにおいて、やっぱり格好がいいからと答える人が一番多いようです。
もうただカワサキというブランドに酔ってバイクを選択する人たちもいるようですが。

ただカワサキというブランドに酔うと言うのでも、買う動機として充分成立はしていると思いますが。
実際に格好良さの規準は、それぞれの好みと言うものがある筈です。

そしてなぜ格好いいのかと聞かれても、正確に返事なんて出来ないでしょう。
カワサキのバイクは格好がいいから大好きと言うので全然充分です。
後は、格好良さにしっかりカワサキのメーカーが答えてくれる筈です。

愛される無骨なバイク

敢えて言えばカワサキのバイクには、オシャレ、エレガンスと言うのとはちょっと縁遠いものがあります。
やはりカワサキのバイクは敢えて言えば無骨な男性たちに愛される無骨なバイクという感じなのではないでしょうか。

いろいろバイクメーカーは他にもありますが、ここは硬派な男性たちに支持されているようです。
あのバイクメーカーならポップな感じと言うのが第一印象に来るかもしれませんが、カワサキのバイクの場合は違います。

カワサキのバイクよりも明るい感じのものと言うのなら、ホンダなどのメーカーに注目すればいいのではないでしょうか。
カワサキのバイクの信念にズレがなく、オレが好きな者だけついてこいと言っているようです。

そしてしっかりカワサキのバイクについて来た人たちの期待を裏切ることはありません。
ホンダが陽とすれば、カワサキのバイクは陰と表現する人たちもいるようですが、相反するという意味ではその表現も正しいのかもしれません。

カワサキのバイクは乗っているだけで格好いいてと言われる

格好いいカワサキのバイクに乗る人たちは、格好良いい人たちなのです。
カワサキのバイクに乗ってちょっと走るだけで多くの人たちが振り返るでしょう。

一般的にバイク人気と言えば本田の方が全然上と言う感じです。
それも本田のバイクが乗る人たちに媚びているせいかもしれません。
しかし媚びないカワサキがここまでホンダのバイクと戦うことが出来るとはやはり想像以上に凄いことだと思いますが。

そしてずっと長いファンが居続けることが出来るのはカワサキの方であり、本田のファンと言う人たちは案外スズキのバイク、ヤマハのバイクに乗り換えたりしているようです。
そしてこのカワサキのバイクで一番人気と言えば、敢えてZⅡと言いたいです。
今でもマンガの人気で最ブレークしたという話しも聞きますが。

Z1が最初に海外で販売され、Z1をそのまま日本で販売出来ないと言うことで、国内用として、排気量を抑えてZⅡとして登場することになります。
ZⅡのスピードがかなり注目されていた時代もありましたよね。
これはちょっと街乗りバイクのレベルではありません。

コメントは停止中です。