セロー250

ヤマハ発動機の人気車

国内で多くの支持を集めているバイクメーカーのひとつに、ヤマハ発動機があります。
ヤマハという愛称で知られ、国内にたくさんのファンがいます。
その代表的なものとしてバイクの人気が高いです。

バイクは海外のものも日本ではたくさんのファンがいますが、国産車にこだわっている人にとってヤマハは長年バイクの製造に携わっています。
様々なタイプのバイクがある中で、セロー250は20年以上続く人気のあるバイクの車種です。

ヤマハの中でも長年モデルチェンジしながらも支持されているセロー250はどのような特徴があるのでしょうか。

セロー250の特徴

セロー250は見ためコンパクトなのが一番の特徴です。
マウントレールといえばセローといわれるほど代表的なバイクとなりました。
山道では、細い山道や足場が整っていないような道などを走行するのもためらうことなく楽しむことができます。

山の気候は変わりやすく道がぬかるんでいるときなど足場が悪い時でも、安心して走行することができます。
低いシート高でバイクの車体が軽いため、バイクの初心者や女性でも乗りやすいものになっています。

1985年に発売した当時は224ccのエンジンを搭載し、低速から安定して走ることができます。
さらにハンドルのきれ角が51度あり、オフロード車としてもマウントレールとしても活躍する魅力的なバイクです。

2005年にフルモデルチェンジして現在の250ccのセローへとなりました。
搭載したエンジンが大きくなったにも関わらず、車体のコンパクトさもさほど変わりません。
さらに車体の軽さもほとんど変わることなく乗りやすさはそのまま保たれています。

エンジンの排気量が多くなった分、高速巡航がしやすくなり100キロ以上の走行をした場合にエンジンが苦しい音を出すことなく走行しやすくなっています。

人気のわけ

セロー250は20年以上親しまれているヤマハの代表的なバイクの一つです。
2005年に大きくモデルチェンジをし、以前のエンジンよりも大きくなったにも変わらずコンパクトさや車体の軽さなど、セローの特徴はほとんど変わっていません。
セローの特徴は維持され、さらに進化をしているといわれるほど多くのファンが納得しています。

初心者にとっては軽くて走りやすいというメリットがあり、ベテランのドライバーにとっては新たにオフロード以外にも山道や河川敷のフラットダートなど軽快に走ることができます。
その走りの良さについどこまでも走りたいと感じ、もっといろんな走りができるのではとベテランライダーのチャレンジ精神も生み出してくれます。
そんな幅広いバイク愛好家に支持されているのがセロー250です。
これからもヤマハの代表的なバイクとして、人気のシリーズでありつづけるでしょう。

コメントは停止中です。