ドラッグスター250

あこがれのアメリカンタイプ

バイクにもいろんなタイプのバイクがあり、スポーツタイプやマウントバイク、モタードバイク、アメリカンバイクなどあります。

それぞれのバイクで車体の雰囲気も大きく変わり、どのようなスタイルでバイクに乗りたいのかによってモデルを選ぶことになります。

バイクの車体の中でも、多くの人が憧れるのがアメリカンタイプです。
海外のメーカーではハーレーが圧倒的に人気で憧れの車種でもあります。

ただし価格的にも非常に高く、乗りこなすためにもテクニックや知識が必要なため、初心者向きとは決して言えません。
スタイルにあこがれ、ハーレーを購入し初心者が事故を起こすという報告もたくさんあります。
またメンテナンスの面でも海外よりも国産のバイクの方がいいと感じる人も増えています。

そこでアメリカンタイプで人気があるのが、ヤマハのドラッグスター250です。
1996年から販売開始され、今でのヤマハのアメリカンタイプとして人気のある車種です。
2008年の自動車排気ガス規制によって一時的に生産を停止していた時期もありました。

排気量別でモデルが違う

ヤマハのドラッグスターは排気量によってモデルが異なります。
ドラッグスター250、ドラッグスター400、ドラッグスター1100のシリーズがあります。
そのなかでもドラッグスター1100は2008年まで国内型モデルが販売され、2010年まで販売されていました。

メインのモデルはドラックスター400となりますが、初心者にはドラッグスター250がおすすめとなっています。
ドラッグスター250はドラッススターシリーズの末弟タイプとして2006年に販売されました。
XV250ビラーゴの後継者として開発がすすめられ2008年の自動車排出ガス規制に対応させるために、エンジンのセッティングが大幅に見直されました。
その後ほかのメーカーが250ccクラスのクルーザーを販売終了している中で、ドラッグスターは国内モデルで希少価値があるといえます。

特徴とおすすめ

ドラッススター250はアメリカンタイプでも初心者にはお勧めの車種です。
女性でも足がべったりつくため足つきが良く、車体が大きくてもバランスを取りやすくなっています。

またアメリカンタイプは車体の構造上、ハンドリングに癖があるため車線変更などうまくできないと感じる人も多いです。
しかしドラッグスター250は素直なハンドリング可能になっているため、初心者でも運転しやすいという特徴があります。

また加速もダイレクトに伝わりやすくなっているため、女性だけでなく男性からスムーズに運転しやすいという評価が多いです。
アメリカンタイプでも希少価値が高いといわれている250ccのモデルならではの良さとアメリカンらしさも十分に感じらえる車体になっているのが特徴です。
初心でも乗りやすいためアメリカンタイプにあこがれている人にはお勧めです。

コメントは停止中です。